« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

チッペンデール?

長渕剛の今年のツアー、
「YAMATO」のポスター見ました?

日の丸っぽい配色をバックに、
長渕姐さん、シャツを腕に残して、胸を露わにされてます。

左手はヘソに、右手はギターに。
グラサンのままで。

なんか、歓楽街の総合案内所に飾ってそうな写真。
誰をターゲットにしてるんでしょうか。

私は東梅田駅の天王寺方面に降りる階段のそばで見ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビ、あと6年

きょうの新聞に赤地に白文字でこんな広告がありました。
以下引用。

「Xデーは、2011年7月24日。」
(予言ではありません。れっきとした予告です)

本日からちょうど6年後の2011年7月24日。
すべてのテレビ放送はアナログからデジタルへ
移行することが、国の法令により定められています。

国民の皆様には、2011年7月までに、地上デジタル対応テレビに買い換えるか、
または、デジタルチューナーを買い足していただく必要があります。
テレビ購入に際しては、6年後のことを正しくご理解の上、ご判断ください。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

総務省・全国地上デジタル放送推進協議会

なんか、この広告全体に漂う、
一般視聴者を突き放したような表現に胸焼けをおぼえます。
赤って色も、なんか煽動的で不気味です。

最近あまり積極的にテレビを見なくなったので、
映らなくなったらなったで、意外とスッとするかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミュージカルバトン周回遅れ

マティムラなな太郎さんから
ミュージカルバトンをいただいていたのに、
ひと月もほったらかしにしてしまいました。
橘家円鏡(現・円蔵)の「メガネ曇っちゃった」みたいに
バトン腐っちゃった」って言い訳にもならないので、
ここでミュージカルバトンの質問に答えたいと思います。


★Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

芝居の音響に使う効果音のライブラリーに使ってるので、現在5.8ギガ。


★Song playing right now
(今聞いている曲)

ふだんあんまり音楽を聴かなくなりましたね。
CDプレイヤーにクレイジーケンバンドの「Soul Punch」を入れっぱなしにしてるので、
曲自体が泣けるほど素晴らしい「男の滑走路」にしておきましょうか。


★The last CD I bought
(最後に買ったCD)

昨日タワーでまとめ買いしました。
タカツキ「タカツキタツキ」
Plastic Sex「Here comes SEX education」
m-flo「Loop In My Heart / HEY!」
Bergen Big Band「Seagull」
Massimo Farao Trio「Cartoon In Jazz」
Sue Raney「New And Now!」
Patti Page「On Camera」
まだ聴いてないですが、当たりがあるといいな。


★Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

久保田利伸「流星のサドル」
→中学時代のヘビーローテーション。
プールで脳内プレイヤーにセットすると、クロールのピッチが上がります。
あの頃の久保田利伸はズバ抜けてたなあ。

矢野顕子「Angler's Summer」
→'91年のアルバム「LOVE LIFE」より。
変拍子のトリコになるきっかけとなった曲。
アッコちゃんのライブでこれが正確に演奏されたときは衝撃的でした。

ジミー・ドーシー楽団「CONTRASTS」
→初めて有料の舞台の音響を手掛けたとき、オープニングを飾ったのがこの曲。
すごくムーディでいて、郷愁を誘うメロディライン。ビッグバンドの空気感。
中古CD店でたまたま手に入れたものが、こんなカタチで昇華しました。

吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズ「俺の家は会社」
→当時FM大阪で深夜にやってた「世紀末的大阪」って番組で、
構成作家の吉村智樹氏がオススメとして掛けた一曲。
「このバンド、近いうちに大阪に来るんですよ」の一言に反応し、
今は亡き難波WO'HOLへライブを見に行きましたね。
あれから一度、席の関係で吉村夫妻と同じテーブルだったことがありましたが、
「あの時聴いてました」って一言が言い出せなかったなあ。青い思い出。
吾妻さんは今も変わらず活躍しまくってます。カッコいい落ち武者。

ピチカートファイヴ「トゥイギー・トゥイギー」
→何か一曲524さんを、と考えてこの曲を。
ピチカートを聴きだしたのは野宮時代前夜の「ラヴァーズ・ロック」から。
サンプリング・ミュージックの楽しさを教わりました。

…なな太郎さん、こんなところでいかがですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レジに2人

昼間、ヒマなコンビニに限って
レジに店員が二人並んでいたりすると、
「私、レジの人。私、袋に詰める人。」
って勝手に分業されるのがイヤですね。

パン屋ならまだしも、コンビニは必要ないって。
控え室で監視カメラの映像見ながらラーメン食ってりゃいいのに。

私は極力、レジ袋をもらわない派なのですが、
たかがオニギリごときで(ナベツネ風に)
バーコードが済んだものをすぐ袋に入れようとするので、
こちらにも「あ、ちょっ…袋、要らないです」と言える間が欲しいです。

んでまた、レジ袋をちょっとつまんで待ち構える店員に向かって
「袋、要らないです」と言うと、
「俺の仕事を取らないでください!」と言わんばかりにムッとされるんだよなあ。
メイドさんに「いいよいいよ、掃除くらい自分でやるから」と言った瞬間みたいな。
(あくまでも想像ですが。)

最近、レジ袋の有料化が問題になってますが、ねえ。
店員自ら率先してレジ袋を使いたがるって、
これ、どうよ?現状が、こうよ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

君の瞳にドカスカブカスカ

ここのところ、早朝の散歩を実行中です。
服部緑地とか、気持ちいいですよ。
おじいちゃん化、進行中。

きょうはいつもと違うコースで歩いてましたら、
近所の中学校でブラバンが練習してました。
曲は、ボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる」

あのね、練習の音が可愛いんですよ。
あの有名なフレーズの、
「チャーラッ・チャーラッ・チャーラチャッチャッチャ♪」を
シロホン(鉄琴)で弾いてるんですよ。
おもいッきり素朴な出来。

ミラーボールの回る画がぜんぜん浮かびませんが、
エエ曲は、どんな細工してもエエもんですね。しやわせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

剣さんとイク空の旅

今月、そういやJALのお世話になるなぁ、と
ホームページをいろいろ物色していたら、
機内で聴ける音楽プログラム一覧があって、
なななんと、7月の「Jポップ・クラシックス」チャンネルは、
「The Roots of Crazy Ken」と銘打って、
プレゼンターに、横山剣氏を迎えた特別プログラム!

「SOUL PUNCH」収録の「男の滑走路」に始まり、
ザ・ゴールデン・カップスにゴールデン・ハーフ(!)と
かないイナタイ趣味趣味全開の選曲です。

これ、この選曲で自分でMD編集してみようかな。
JAL、なかなかやるじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連結部分の使い方

つくづくね、
汗かきはね、
汗かきにとってはね、
電車に乗ってるとね、
移動中に着替えが出来ると効率がいいんだけどね。
と思うのね。
連結部分とか上手く使っちゃダメか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雄琴…

地下鉄車内に腰掛けて、目に飛び込んできたのは、
目の前に立つおっちゃんの読む日刊ゲンダイ。

おっちゃんの見る面の裏、
つまりこちらに見える面には、
「チャーミングなヤングバニーの店・雄琴プレイボーイ」の広告が。

あのプレイボーイのウサギのまま、目をもう一つ書き加えてて、
キョトンとしたウサギがこっち見てます。可愛らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10時10分の女

昔、工藤静香の眉の形を「8時20分」と言った人がいましたが、
久々に見た浅野温子は逆!
おもいッきり10時10分です。

今月号の「ミセス」の表紙で勝ち誇ったようなポーズを取ってます。
もう、お前の顔は文字盤かと問いたいくらい。

…ホントにswatchになったら買うわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »