« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

もうすぐ秋だね

Rising Sun Rock Festivalのレポートを眺めていたら、
自然とフィッシュマンズのライブ盤が聴きたくなって、
久しぶりにヘッドフォンで聴いていました。

[98.12.28 男達の別れ]。

Disc-2の最後に収録された40分の大作・
「LONG SEASON」は、やっぱり格別の出来ですね。
泣きはしないけど、何度聴いても発見がある。
今回は、中盤の過剰なほどのキラキラ具合にグッときました。
こんどDJで掛けてみようかな。

秋にワンマンライブをするとの噂もあるし、
今から楽しみで仕方がないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特徴のある声、考。

JRの車掌の、ストレスを感じるスレスレくらいの
鼻から抜けるヘンな声を聞いて、ふと考えた。

ひょっとして、
自分の声を乗客の耳に届けさせるために、
わざと変な声を出しているのか?

だとしたら、ずっと今まで、
鉄道業界の策略っつーか、トリックに掛かりっぱなしだったのでは?

鉄道業界に詳しいかたがいらっしゃれば、
ぜひとも教えていただきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡辺社長をチェックせよ

たまたま買ったんですけどね、
面白くてググッと読み込んでます。

今週号の「プレジデント」の特集は、
ことし6月に就任したトヨタの渡辺社長が直々に語る、
「トヨタ式・仕事の教科書」

成長路線をさらに強めるトヨタの秘訣を
チョコッとお裾分けしてくれてます。

下手なビジネス書の単行本を買うよりお得ですヨ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

潔癖症か!

仕事帰りに近所のニッショーに寄って、
あれやこれやと見てまわり、
買い物カゴをレジに持っていきました。

夏休みの宿題をまだ済ませてない高校生っぽい男の店員から
「ニッショーカードはお持ちですか?」
とか無愛想なマニュアルトークを受けつつ、
702円だったけど2円がなくて千円札を出しました。

したら、「お釣りが298円になります」って、
手渡しスレスレのところでお釣りを軽くホップさせやがった。

飛んだよ、298円。
確かに飛んだ。
レシートと一緒に。

こちらがお釣りに動揺してる間に、
買い物カゴを「んっ」てレジから追いやるし、
どんなやっちゃねん、ホンマに。

…ニッショーのレジは時給740円か。
さもありなん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとりスターウォーズ!

たまたまYahoo!ニュースで見かけた記事に、こんなのがありました。

【「スター・ウォーズ」を400回観た男の1人芝居が大人気】

ニューヨークのオフ・ブロードウェイで上演中のようです。

ばかばかしいにも程がある。
「親指スター・ウォーズ」以来の衝撃ですね。
その当の主役、チャールズ・ロス氏のホームページでは、
「ひとりスター・ウォーズ」と「ひとりロード・オブ・ザ・リング」の
ダイジェストが視聴できます。

私はスターウォーズの中身はあんまり知らないけど、雰囲気に笑えました。
十分楽しめましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実写版スパイダーマン???

いま、タワーレコードのメルマガを読んでたら、
こんなのがありました。

【スパイダーマンDVD-BOX】

…ていうか、実写版は実写版でも、日本版だってえ?????
なんか、勢いだけはすごく伝わってきます。

買う???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウザい、の定義

前に「びしそわーず。」で取り上げた、明治の「Soup Style」を
江坂で売ってる唯一のコンビニ、am/pmに行ったら、
あとから急にガサツな高校球児が15、6人くらい、わらわらと現れた。

江坂は、甲子園に出る高校生が泊まる宿泊施設が結構あって、
この時期はよく見かけるので慣れているけど、
金属バットをコンビニの床にゴンゴンしながら歩いたり、
グラブに球をバシバシしながら飲料コーナーに固まる光景には初めて遭った。

コンビニか野球か、どっちかにしなさい。

このままじゃ「Soup Style」に手が届かないから、
しょうがねえなあと割り込んで入ろうとしても全く無視。
もう、何様かと問いたい気分で笑えた笑えた。

私にとって「ウザい」の定義が、ようやく固まりました。

早く試合を終えて故郷ヘ帰れ。夏は短いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんか気になるわ

★先日、「チッペンデール?」で紹介した長渕姐さんの写真ですが、
きょうの朝日新聞のテレビ欄に広告が載っています。
大きさがちょうどピンクチラシ大です。
ほんま、誰に向けたメッセージなんだか。

★ところで、ずっと気になってたんですが、
「キリンクラシックラガー」のバックで歌う山崎まさよし、
「STAND BY ME」を歌ってるのは分かるんだけど、
英語がメチャクチャじゃないですか?
出だしから「ワンザナイッ♪」って歌ってるし。
「When The Night」でしょ?
気になる上に、しょっちゅう掛かるからストレスやわ。
んでまた、今度出すCDに収録するらしい。
頼むから歌い直してくれえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

31日・壮大な残り福に3回泣きそうになる。

★きょうは遅めに行動開始。
しかし朝の時間をなめちゃいけない。
用意するうちに簡単に時は過ぎて。

11:00 @ GREEN STAGE
The Knack

★大阪にいるときから、
「3日目はMY SHARONAで幕開け!」とずっと思ってたので、
ちょっと遅れたけどGREENに直行。地面ぐちゃぐちゃ。
お客さんがまばらだったのが、「ドドダダドッダッドッダッドドダ♪」
ってドラムが叩き出すと同時に大集結!「MY SHARONA」最後に持ってきた!
GREENの奥の、ちょっと坂になってるところからダダダダダっと
走ってくる客見て笑ったなあ!必死ですもの!
生演奏は文句無くカッコいいおっさん達。この場に居合わせた幸せにグッときた。

【めし】KIDS LANDでトマトソースのパスタとギネスビール。
→トマトスープ単体でも売ってたくらい、しっかりした味。
隣のクレープ屋さん、そういえばチェックするのを忘れてた。

12:00 @ FIELD OF HEAVEN
SPECIAL OTHERS

★地べたにビニールシート敷いてパスタ食べながら見る。とても幸せなひとときじゃ。
TOWERでCD買ってから、よく聴いてはいたけれど、屋外で聴いた方が断然似合う!
キーボードの人のMCが、緊張しているのか、何度も自己紹介していて微笑ましい。
シャボン玉マッシーンがええ感じ。

13:30 @ FIELD OF HEAVEN
bonobos

★他に移るにも時間が合わなかったので、そのままHEAVENにいることにする。
このへんから、だんだん自分のペースでフジロックを楽しめるようになってきた。

★リハから本人たち全員出てきて、親近感あふれる感じ。
どのバンド見てもそうだけど、MCって関西弁の方が映えるね。
お、キーボードにHAKASE!

★FISHMANSを好きすぎて、ボノボのライブは今までまったく見てなかった。
カブるところはあれど、すぐに別物だと分かった。大阪に来たら見に行こっと。

★もう、ダブからジャングルまで変幻自在。
最後に「THANK YOU FOR THE MUSIC」!
お客さんとの一体感やポカポカ陽気が全部作用して、
シチュエーションの完璧具合にグッと来たなあ。
3日目にして涙腺弱くなってきた。

14:30 @ WHITE STAGE
SOUL FLOWER UNION

★bonobosが終わってWHITEに移動したら、楽しそうなお祭り騒ぎ。
おおーっ、SOUL FLOWER、やってるやってる!
中川さんもゴキゲンさんで、
「ワンマンやと、こんなに人、入らへんのに、どこに隠れとったん?」
とかMCで言うてるし。

★この前の芝居で使った「海行かば山行かば踊るかばね」も「風の市」もやってくれて、
歌詞を全部知ってて、一体感に震えた。「満月の夕」もじんわり来たなあ。
WHITE STAGEの広さと開放感にぴったりのステージングで気持ちよかった!

15:30 @ あっちこっちをうろちょろ

★SOUL FLOWER UNIONを見終わって、
そのままGREENに流れてくるりを見ようかと思ったけど、
移動する人ごみの多さに疲れてあきらめる。
BOARDWALKを伝ってORANGE COARTへ。
押尾コータローがアドリブで何かやってたけど興味が湧かず、
しばらく散歩する。
次のバンドのセッティングによって、こんな時間が出来てしまうことを学習。
しばらくして、ORANGEの一段高いところで寝転びながら上原ひろみを待つ。

16:30 @ ORANGE COURT
上原ひろみ 【裏BEST ACT!】

★今回はドラムとベースとのトリオ編成。
しょっぱなから勢いの良い「XYZ」からスタート。
ほんっと、気持ち良さそうにカラダ全部を使って演奏するなあ。
いま一番勢いのある人だと実感。努力に裏打ちされた頼もしい演奏力だった。

★平均年齢の若い、音に敏感なオーディエンスが、
素晴らしい演奏に応えてウォーっと盛り上がるもんだから、
相乗効果で曲がぐんぐん面白くなっていく。
リズムに合わせて踊る客がいたり、ロックなノリで見るジャズもいいもんだ。
途中、キーボードがトラブったりしたけど、ピンチをも味方につけ、
客の温かい雰囲気が盛り上げる盛り上げる!アンコールまで有り!大満足!

17:45 @ GYPSY AVALON~いろいろ音をつまみ食い

★GREENでThe Beach Boysをやってたけど、昼寝に軍配が上がる。
サヨコオトナラを聴きながら、GYPSY AVALONの丘の上のほうでゴロンとなる。
寝転んでるところに、いろんなステージのいろんな音が聴こえてきて、
それがまた心地よく、最高にゼイタクな時間を過ごす。

【めし】「サワディー」のトムヤムラーメン。
→麺とモヤシと酸味と辛味が合わさって、うまうま。
屋台のおばちゃんが大鍋持ちながら前のおっちゃんにタイ語で話してた。
たぶん「料理できたからそっちの入れ物に移して、ほら早く!」てな勢いで。
前の棚に無造作に包丁放り投げてたのが笑ったなあ。
ごはんにオカズ盛ってたバイト君の胸に「WASEDA」と入ってたのが、
妙にコクがあって印象に残ってる。

★食べ終わって19:00。よっこらしょっと移動。
WHITE STAGEのBOOM BOOM SATELLITESを見るが、
音がギンギン過ぎて、俺にはトゥーマッチだったのでパス。
GREEN STAGEのMobyも、あんまり曲を知らないので置いてけぼり。
最後のジャングルっぽい曲が気持ち良かった。

★New Orderまで時間があるので、PALACEへ。ソフトクリーム美味。
PALACEのレストランで、またバンバンバザールやってた。
三日連チャンで見てるよ。すげえな。

★GREEN STAGEにNew Order登場。
曲を知らないと、どうしてもファンクラブ状態で居心地悪いので、
2曲聴いてさっさとBOARDWALKへ。移動移動。

22:00 @ ORANGE COURT
Los Lobos

★HEAVENでやってたSouliveと迷った末、おっさんバンドを選ぶ。

★21:40から始まってるから、着いたら良い感じに雰囲気が出来上がってて、
いやもう、ジャンルの幅が広くて楽しいのなんのって。
レゲエからクンビアからツイストが踊れるようなドカスカまで。
輪になってフォークダンスする奴らまで出現して、ステージ上のメンバーも呆れ笑い!
いやいや、あんたらの演奏のおかげですから。やっぱ、おっさんバンドはこうでなくっちゃ!

★23時を回ってアンコール。
やってくれへんかな、やってくれへんかなと思ってたら、
アンコール2曲目、オーラスに「ラ・バンバ」!!
やっぱ生はエエわ!これが聴きたかったんよ!
きょうは「マイ・シャローナ」に「ラ・バンバ」まで聴けて幸せやったー。

23:30 @ WHITE STAGE
Sigur Ros

★通りがかったWHITEでSigur Rosを一曲分だけだけど見る。
ステージ全体に降ろされた幕に静止画のカットアップがとっても幻想的。
演奏するメンバーは、もちろん幕の後ろ。でも良いんだよな。
最後の最後、長い余韻がずーっと続いて思わず見入ってしまった。
それまでの展開がすごく気になった。全編見たかったなあ。

★その後、GREEN STAGEでPRIMAL SCREAMを見るが、
曲を知らないのと、なんか良いヴァイブレーションが感じられず、
全体的な雰囲気が好きになれなかったので移動。
アンコールやってたけど、すぐ移動。

25:00 @ RED MARQUEE近辺

★RED MARQUEEに移動したら、
ちょうどSUGIURUMNのDJが終わったところで、
なんか良い感じの大きな拍手を受けてた。聴きたかったな。

★その外では苗場食堂で赤犬がすンごい暴れてた。
ブラスの勢いがびんびん伝わってきて尋常じゃないノリ。
あれえ?PRIMALに寄り道しなけりゃ良かったんじゃないの?

★そんなこんなのうちに、RED MARQUEEでMyloを見る。
80'sなエレクトロ主体の音でカッコエエ!
ビートがスキマだらけでスカスカなのに踊れる!反復音楽好きはハマるね。

26:00 @ ROOKIE A GO-GO
かまボイラー

★MyloでホクホクになってTHE PALACE OF WONDERへ。
Jean Monti目当てで行ったら、ちょうどやってた4ピースバンド。
アフロっぽいフロントマンに、やけにフォークっぽい節回し。
パフォーマンスが大げさで好き。大阪に来てたら見に行こう。

26:40 @ THE PALACE OF WONDER
Jean Monti

★ROOKIE A GO-GOのセットチェンジが済んだところで、
高い高い塔によじ登るおっちゃん登場。
40m近くあるかなあ、もう上は細~くてグラングランしてる上でバランス。
もちろん命綱も防護マットもナシ。
横で見ていた人は膝がガクガクしたらしく、座って見てました。
ようあんな真っ暗闇のなかであんな曲芸するわと、呆れるやら感動するやら。
下りてきた彼に握手を求める人たち。
私もちゃっかり握手してもらいました。力強い手でした。

27:00 @ RED MARQUEE
DJ TAKAYUKI SERINO

★フジロックもいよいよ大詰め。俺の体力もかなり限界!
RED MARQUEE前の木陰にシート敷いて仮眠。
その間もSERINO氏の気持ち良いリズムがドカスカ聴こえてる。

★しばらくして、27:45ぐらいからか、踊ってしまえとばかりに、
眠いまんまでダンスの中へ入る。
ステップを踏むけど、もう眠さと疲れと気持ち良いリズムでワケわからん!
ムリヤリ正気を取り戻しつつ、トリの人の準備を自分なりに整える。

28:00 @ RED MARQUEE
KODAMA DUB STATION BAND 【BEST ACT!!】

★体育館みたいなRED MARQUEEいっっっっっぱいに反射する音のカタマリ!!!
最後まで残ったバカどもへのささやかなプレゼントか。
こんなダブ聴いたことないってくらい、超お風呂リヴァーブ!!
こだまさんも良い感じにノってて、良いヴァイブレーション出まくり。
「きょうはパンクバンドのつもりで来ました」の言葉は姿勢に表れてた。
アンコールも2曲やってくれて、「WHAT A WONDERFUL WORLD」、染みたなあ。
客からの「ありがとー!」に感極まる!ホント大団円だったわ。
29:15終了。

★帰りしな、入場ゲートに立ってたスタッフに、
「3日間お疲れさまでした!」って言ったら
ニコッて笑顔で返してくれたのが印象的だった。
あの場はスタッフも客もいっしょだもんな。

★前夜祭も入れて4日間、フェスティバルに参加してみての感想は、
言葉では見つからないものが心の奥底に出来たことくらいかな。
…感想になってないか。
フェスを心ゆくまで楽しんでやる気持ちひとつで、どうとでもなることを知って、
とてもええ体験になりました。

★宿に戻ったら、泥だらけは俺だけ。
オーラスまでいた人、この宿にはいなかったのね。
冷たい水で泥を落として、
ひとりで朝風呂にちゃぽんと浸かりましたとさ。

こんな感じのフジロック。
また来年、だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

30日・今日は、まったりフジロック

★朝の天気は相変わらず良い感じで、入場ゲートまでのほほんと歩く。
会場に到着してからサイフを忘れたことに気づく。

【めし】苗場食堂でトロロごはんとビール。
→けっきょく友達に立て替えてもらうことに。すまねえ。
ごはんに山芋トロロと醤油をかけただけなのに、めちゃくちゃ美味かった。なんで???
近くのRED MARQUEEからはThe Dresden Dollsが聴こえてきた。
ウォークマンもラジオもないのに、まったく不自由しないね。

12:00 @ ドラゴンドラで移動

★往復1000円のチケットも立て替えてもらって、
いざ、ドラゴンドラで別世界へ。
ステージからの音が漏れ聴こえたりしながら、
空中散歩は、それはもう、気持ちよくて、気持ちよくて。
高所恐怖症?でしたっけ、俺?って感じで移動。
途中、いきなり雨が降り出すが、それでも絶景に変わりなし。
片道30分くらいか。

★ドラゴンドラの終点は
「DAY DREAMING AND SILENT BREEZE」という名を冠していて、
大縄跳びやターザンごっこなどが出来たり、
屋外ライブやDJを楽しめます。

DJ AYA-SHIGEのテクノを聴きながら昼寝。
クリアに響く音を浴びて、気持ち良いのなんのって。
これはハマった。まいった。山テクノ万歳!

★そろそろ下界に下りるべ、と帰り際に、
レストランでバンバンバザールがライブするとの告知が。
マイクを通さない演奏も一興。「魔女の宅急便」とか「新宿駅で待ってた」とか。
福島さんのハスキーボイスが染みるわ。
外は大雨に。でも休憩所はほんわかムード。

14:00 @ ドラゴンドラ(復路)

★雨がザザ降りでドラゴンドラ、がら空き。
もやの中を下りる。もうどこに居るのか分からないくらいの、もや。
無事到着して、いったんサイフを取りに戻る。
宿の人と「フジロックのお客さんはタフだね」なんて話して、再出発。

15:30 @ WORLD RESTAURANT

【めし】パエリアとサングリア。
→パエリアはちょっとご飯がペチャっとしてたけど問題なし。
サングリアとよく合うんだよなあ。
隣のRED MARQUEEではThe Braveryが演奏中。
音楽+めしの相乗効果って抜群にあるね。
美味いめしはともかく、めしを美味く感じる音空間は最高だ。

16:15 @ GREEN STAGE
東京スカパラダイスオーケストラ

★パエリアを食べ終わって、GREEN STAGEへ。
途中、テレビ中継のブースからサンボマスター山口氏の雄叫びが!
間接的に生で聴いただけなのに鳥肌立った。

★ちょっと遅れてスカパラ。実は初めて見るスカパラ。
キンちゃんの叩くドラムの音がスコーンと抜けて、野外で聴くと格別ですな!
「PUNCH THE MONKEY!」に入ってたルパンのカバーがカッコ良過ぎ!
単独ライブも見てみたくなりました。

17:00 @ 一時休戦

★スカパラが終わり、トイレの列が待ちきれなかったので宿まで帰る。
遠くでAsian Dub Foundationの音が聴こえてたけど諦める。

19:20 @ GREEN STAGE
Beck

★ホントはBeckの前にRED MARQUEEのクラムボンを見ようと思ってたけど、
音質調整に手間取っててなかなか始まらず、痺れを切らしてGREENへ移動。

★映像のチェックなどをのんびり見ながら待つうちにスタート!
とうとう来た!って感じだったなあ。
テニスルックのダンサー兼パーカッショニスト兼狂言回しの身体性に憧れる。

★「LOSER」で大合唱。「SEXX LAWS」のシンセの音が可愛かった!
ふいごのオルガンの音も気持ち良かったな。
たいていの曲が不意にカットアウトで終わっても、不思議と気持ちが途切れなかった。

★途中、ベックさんが弾き語りしている後ろで堂々と食事するメンバーたち。
でもそれだけでは終わらず、食器を叩いたりグラスハープにしたりしてセッション!
この演出は大好きだったなあ。

21:00 @ GREEN STAGE
Fatboy Slim

★セットチェンジに時間があったので、
「苗場へのyori道」御一行様のシートへ向かうが、途中で出会い、
私「私は後ろで見ようかと…」
御一行「今から前に行きますよ」
私「…じゃ、ついていきます」
と意志の弱さを露呈しつつ、ついて行くことに。

★先着10000人に配った3Dメガネを借りたりする。
光がすべてニコちゃんマークに。おぉ。

★Fatboy Slimのプレイは、私には展開がユル過ぎてあまり好みではなかった。
その代わり3×3=9分割の映像が楽しかった。パチスロ風絵柄とか、賑やかで。
あと、ホンモノの稲妻のタイミングに沸いた。土砂降りもまたヨシ。

★それよりも何よりも、23:00からのRED MARQUEEのラインナップに惹かれて、
御一行様に挨拶してそそくさと移動。
人ごみをかき分けていく様は、まさに「そそくさ」という形容がお似合い。

23:00 @ RED MARQUEE
United State of Electronica 【裏BEST ACT!】
TOWA TEI 【BEST ACT!】

★RED MARQUEEは屋根のある会場なので開放感が得られませんが、
U.S.E.の開けっぴろげな勢いがズンズン届いてきて踊れましたー!
「VAIOのCMで、なんか聴いたことあるかも」ぐらいの認識でしたが、
キーボード&ボコーダーの兄ちゃんのノリが楽しかったなあ。
ヴォーカルのお姉ちゃん2人を含め、7人全員がフロントマンといっても
差し支えないくらい、みんなでアゲてましたね。
フェスで初見のバンドは、覚えやすいフレーズをいっぱい持ってる方が
印象に残りやすいですね。U.S.E.はそのお手本のようなバンドでした。
アンコールの拍手+「U!S!E!」コールが鳴り止まず、メンバー出てきてお礼!

★その後に控えしは、一番楽しみにしていたTOWA TEI!
氏の最新アルバム『FLASH』から「SOMETIME SAMURAI」でスタート!
そこから「MELODY」へ。音の旅が始まるぞ始まるぞ、って煽ってるような熱気。
その後はハウスだのレゲエだのと、気持ち良いグルーヴの連発に昇天!!
やっぱ選ぶ音が立ってる。後半はロックコンサートの勢い!
お客さんの物凄い歓声にも動じず、キャップのツバをクイッとするだけ!
TTヴァージョンの「MY SHARONA」などサービス満点でしたが、
タダじゃ聴かせねえとばかりにフィルターやフェーダーを使う使う!
エフェクト具合でこんなに曲の表情が変わるのか、と気づかされた。
良いミキサー買って練習しよう!と思わされた。
約90分、あっという間の満漢全席。ご馳走様でした。

【めし】OASISの屋台で飲茶セット。
→冷めてたけど、美味しくいただきました。
横のPURPLE HAZEでUnited State of ElectronicaのメンバーがDJしてた。
けど、TEIさんでお腹いっぱいだったのでパス。

25:30 @ THE PALACE OF WONDER
Big Willie's Burlesque

★帰りしな、入場ゲート横のテントで「LONDON NITE」があることを思い出し、
中に入ると、ちょうどアシッドジャズのような生演奏が。この雰囲気、いいね。
しばらく見ていると、カテリーヌ嬢の熱烈ダンスタイムに突入。良い時間に来た!

★後ろではカジノやってたり、外ではインディーズバンドが演奏してたり。
雑多な感じにウキウキしながら、会場を後にした。

27:00

★宿に帰る。汚れた靴を洗う列。みんなで交代でホースをもってあげる。
水が冷たくて気持ち良い。他の人は凍えてたけど。
玄関は濡れた靴であふれてた。

★おまけに、お風呂のシャワーまで水。どうしたことか。
新潟出張のついでに来たと言う二人組と、
「水ですか」「水ですね」「水ですよね」と笑う。
今日見たライブの感想など話しつつ、わきあいあいと。
さすがに湯船の中は十分熱く、じっくりじんわり腰の痛みを治しましたとさ。
こんな感じ。
この日はあまりライブを見てませんでしたね。
楽しみ方に正解はないわけで。3日目につづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

29日・始まっちゃったよフジロック

★すごく気持ちいい天気。というか射すような暑さ!
晴れてよかったと思いつつ、GREEN STAGEへ。
「苗場へのyori道」チームのビニールシートに混ぜてもらう。

【めし】Nathan'sのホットドッグとビール
→やっぱ広い芝生で飲むビールは美味い!ホットドッグのチーズが濃厚で好みの味!

11:00 @ GREEN STAGE

★スマイリー原島氏&POKI氏の
「Fuji Rock Festival, Zeeero Fiiiiiive!」の雄叫びを聞いて俄然盛り上がる!
道案内を受けるため、MASTER LOWを背中に聴きながら奥地へ。

★途中、ところ天国でPDF職人さんの手作りタイムテーブルを手に入れて、
BOARDWALKをのんびりテクテク行く。
GYPSY AVALONの小高い丘に到着。草の上は気持ち良いなあ。

12:30 @ GYPSY AVALON
ポカスカジャン×バンバンバザール=バンバンジャン

★リハーサルから盛り上がるピースなひととき。
まずはポカスカジャンからスタート。
生で「津軽ボサ」や「ロッキー邦楽バージョン」を聴けるとは。フィストチャンピオン健在。
ネタの途中で雨が降り出す。
雨具を用意しながら必死で省吾の尻を見る観客の図に笑う。

★続いてバンバンバザール。
『できました』の頃から聴いていたけど、ライブを見るのは初めて。
いつの間にか3人編成になってたのね。「恋はねずみ色」が気持ちよく染みる。
のんちんを加えた「ハッとして!Good」が最高にハマった。トシちゃんの楽曲を再認識。
ひとまず、つかみはオッケー。移動。

13:30 @ FIELD OF HEAVEN

【めし】ピッツァ・マルゲリータ
→ピッツァが出来あがるまでかなり待たされたが、
その間、背後のステージから聴こえる風味堂の音が心地よかった。
やるやないか、若いの。
ピッツァはピッツァで、モチモチしててうンまいの!

14:30 @ ORANGE COURT
Eddi Reader

★ホントはアタマから見たかったが、ピッツァ待ちでいきなりの予定変更。
アコーディオンとギターの優しい伴奏。
前夜祭でRED MARQUEEから「Perfect」が流れてきたとき、
「うわ、ホンモノや」とビックリしましたが、包容力のある歌声でステキでした。
終盤で大雨に。防水仕様の値が張る雨具の威力は絶大でした。

15:20 @ FIELD OF HEAVEN
TOKYO No.1 SOUL SET 【裏BEST ACT!】

★はじめは「旬が過ぎた音なら他に行こう」と思ってましたが、
1曲目から「黄昏'95~太陽の季節」で全部持って行かれました。
大雨なんてなんのその。音のカタマリがすごい勢いで飛んできました。蹴り上がる夏!
フロントの三人+ドラム+ベースの5人編成。やっぱリズム隊は太い音に限る!
新譜『OUTSET』からの曲も多かったですが、
聴いたことないのにグイグイ引きずり込まれました。

★ビッケの詩はふとした瞬間に単語が突き刺さってドキッとさせられるし、
俊美さんのメロディメーカーっぷりに泣けました。「Jr.」とか、「Sunday」とか!

17:50 @ ORANGE COURT
ザ・キングトーンズ 【BEST ACT!】

★フジロックに来て、ずっと気になっていたステージ。
リハーサルから、金のジャケットの方がマイクチェックされてて、その美声にうっとり。

★リーダーのジュンちゃんが目の前にいるだけで感動。
オールディーズも聴き応えあって、もう、ドゥーワップは楽しすぎるぞ!
生で「グッド・ナイト・ベイビー」を聴ける幸せ。泣けて泣けて。アンコール有。

19:00 @ FIELD OF HEAVEN

★クレイジーケンバンドまでの間、PE'Zを見る。
ヒイズミ氏の暴れ弾きっぷりナイス。しかしホーンの音が薄っぺらくてノレず、ORANGEへ移動。

19:30 @ ORANGE COURT
クレイジーケンバンド

★PAさんのセッティングが早めでナイス!イカレた絶倫オヤジ軍団登場!
1曲目から「男の滑走路」!まさかORANGEで「踊りィ子」や「8番、けむり!」が聴けるとは!
さっきまでキングトーンズを見ていただけに、志を受け継いだバンドに見えて仕方なかった。
それにしても剣さん、いくら暑いからってタンクトップにボクサーブリーフって…。
スタッフも気が利いてて、曲の終わりでジャァーンってなってる間にハーフパンツ手渡して、
剣さんが履き終わったら、ジャンッ!って!こんな曲の終わり方、初めて見たわ!
お約束の「タイガー&ドラゴン」は終盤に。もちろん大合唱!「BORN TO BE WILD」も大合唱!
イイネ!イイネ!イイネったらイイネッ!アンコール有。

21:00 @ FIELD OF HEAVEN~GREEN STAGE

★最奥のORANGEからGREENまで、徒歩約30分。
途中、ミラーボールの光が幻想的なFIELD OF HEAVENでROVOを聴き、
AVALONでBig Willie's Burlesqueの踊りィ子に見とれ、
GREEN STAGEのFoo Fightersの爆音にホエ~となってました。
(すべて、ながら聴き。)

22:30 @ WHITE STAGE
忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS

★ところ天国の、森に降る雪のような映像ショウを満喫して帰ってきたら、
忌野さんですよ!とうとう見てしまったー。あ、梅津さんもいるいる。
「トランジスタラジオ」に「スローバラード」「気持ちE」ってアータ、名曲だらけ!
梅津さんの軽やかなステップ!「雨上がりの夜空に」を大合唱!!
エラいところに来ちゃったなあ。拍手しすぎて手が痛い。

24:00 @ オールナイトフジ

★WHITE STAGEからBOARDWALKを伝って奥の奥へ。
幻想的な光の演出を抜けた先、ORANGE COURTがセットチェンジ。
ブライアンが先導する「オールナイトフジ」にバトンタッチ。

RYUKYUDISCOの琉球音階テクノに乗っけたVJ宇川直宏の映像がツボでした。
「るるぶ沖縄」を取り出してきては、ページをめくって戻してめくって戻してみたり、
「沖縄」の文字にマーカーで丸つけてズームインしたり。
挙句の果てには黒アメをばら撒いて、画面上でひとつひとつ剥いていったり。
(その後、お客さんに振る舞ってました。)…何でもアリですね。笑ったわ。

★25時過ぎからは石野卓球。さすがに聴きながらダウンしちゃいました。
その間にも宇川VJは、
シーブリーズやヴィダルサスーン、中華鍋で踊るチャーハンをループしていました。
曲は何が掛かったか覚えてません。

27:00

★そして泥のように27時に宿に帰還。
帰る途中も腰が痛くてたまらず、熱めのお湯にどっぷり浸かりましたとさ。
こんな感じ。
これでもまだまだ序の口。2日目につづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28日・来てしまったよフジロック

★前日に東京を午前9時過ぎに出発し、
青春18きっぷで新宿~高崎~水上~越後湯沢と乗り継ぎ移動。

【めし】高崎でだるま弁当
→茶めしとおかずの構成だけど、椎茸の煮物とかシニア向けっぽいんですね、だるま弁当って。

★越後湯沢から無料シャトルバスで苗場スキー場へ。
宿泊地には昼の3時過ぎに到着。
荷物を置いてさっそく会場へ。
冬場で言うところのスキーハウス前で開場待ち。

【めし】もちぶたミニ丼とビール。
→まあ、ミニ丼ですから。ビールは泡だらけでほとんど中味無し。ひと泡吹かされる。

★友達と連絡を取り合おうにもauは全然繋がらない。docomoは、まだマシらしい。
どこでも寝られる特技をさっそく活かして
アスファルトに寝転んで仮眠するうちに開場。
OASISエリアに広がる屋台屋台。人の多さに酔う。

★おもむろに中央のやぐらから太鼓が鳴り始め、苗場音頭スタート。
芋の子を洗うような流れるプール状態で踊りつつ、みんなでクルッと回ってみたり。
ちょちょんがちょん、ふぉーい!(←ここでジャンプ)
やぐらの周りの一段高いところで地元の方が踊りの見本を見せるなか、
振付と全然関係ないヒップホップな動きをする奴がいたり、脱ぐ奴がいたり。

★そうこうしているうち、やぐらにポカスカジャン登場!
ほぼ日の連載で見てたけど、やっぱライブは格別!エキゾチックヤカン!

★お隣のRED MARQUEEではスカバンドの演奏が始まってるし、
OASIS内のPURPLE HAZEではDJ YODAの音楽がかなりゴキゲンで。
やぐらでは、わんこそば早食い大会。決勝はなぜかチーズケーキ早食い。
…この時点でワケ分かりませんね。
ここらで友達と合流。何回も来てると顔見知りが多くなってくるのねえ。
挨拶する人が群がったり離れたり、を横でのんびり見ながら食事。

【めし】オムライスカレーとかカンガルー肉とか。
→ワールドレストランにいるといろんな言語が飛び交って愉快です。
「いらっシャイシャイシャイシャイませぇ」ってウルサイ呼び込みとか。
カンガルー肉の硬さは鯨肉よりちょっと柔らかめ。

★前夜祭からこんなに楽しくていいんだろうか、ってノリでしたよ。
来年来られる方は、ぜひ前夜祭から視野に入れておいてください。
こんな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フジロックから帰ってきました

行ってきましたよFuji Rock Festival '05 in苗場

雨具や虫除けなど最低限の準備が功を奏して、
ぐちゃぐちゃにぬかるんだ道なんてナンのそのって感じで
ガンガン歩いて、音のシャワーを浴びて、雨もたくさん浴びて、
前夜祭を含めて4日間遊びまくってきました。
誘ってくれた友達に最敬礼!!

あ、意外と知られてないかもしれませんが、
各ステージ脇の屋台のご飯が美味しかったです。(ひと皿500円くらいね)
過度な期待はしなくとも、食べるものに困らず、トイレも至る所にあるし、
ゴミの分別でエコ意識も高まるしで、音以外にも有意義な場でござんすよ。

んじゃあ、ご飯の思い出と共に、一日ごとにまとめて行きますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »