« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

身近なパズルゲーム

きょうのお昼はスタバでゆっくりしてきました。
食べ終わった後は分別ゲーム。

これは燃えない、これは燃やせる、これは皿、
と、ひょひょいっとサバけるようになれば一人前。
私、かなり早くなりました。
きょうはストローの中に残っていたコーヒーを
ピッと飛ばしてしまったので減点。

面倒くさがらずに、
10秒間のパズルゲームを楽しみましょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相似形

日曜日の電車はガラガラ。
ゆったり座れますな。

向かいに座ってる、若いのと年行ったのが二人して足を伸ばしてましたが。
青いジーパンに白い靴で、
かたや左足伸ばして、かたや右足。
親子かっちゅーくらい綺麗な相似形でした。

足を伸ばした角度は、
メタリカのロゴみたいな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆっくり食べさせて。

本町にも佐世保バーガーが出来たので、
いま食べてるんですがね、
食べようとしたところから
店内の音楽がファットボーイスリムに変わって困惑。

そないに「Right Here, Right Now!」
って、せき立てられても。食べるし。
ゆっくり食べさせて。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロンドンのHMVで

おととい、
なにげに梅田マルビルのタワレコの洋楽棚をうろちょろしてましたら、
ロンドンのHMVでたまたまインストア・ライブしてた
バンドのCDがあったので衝動買いしました。

向こうでたまたま観たバンドは、
ARCHIE BRONSON OUTFIT
縦長の売り場の奥までズドンと届く、野太い音でしたわ。

なんかバリトンサックスみたいなのを二本くわえて、
ひとりでブカブカやってるクレイジーなオッサンもメンバーで、
なかなかに聴き応えがありますぜ、ダンナ。

途中、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」みたいな
チャンカチャンカ音頭リズムもあって愉快です。

よっ!ほっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男の荷物は軽く

さ、て。ロンドン噺。

ヒースロー空港に降り立ったはいいものの、
旅客ターミナル拡張工事のため、近くに地下鉄の駅がなく、
最寄りの駅まで20分くらい、地下道をひたすら移動してました。
スーツケースがだんだん重く感じだしたのは、この頃。

その後、ピカデリー線で最寄り駅まで移動して、
予約してあったホテルまでゴロゴロゴロゴロ…。

慣れない街並みのため、迷うことに。

石畳に車輪を取られてスーツケースが上手く動かず、
この時点で、次回来るときはスーツケースは止めようという思いが確定しました。

街並みが綺麗なのが何よりの救い。

石畳にはスウィッチバッグ移動で。
今回は何だか、未来の自分に残したメモみたいになりましたね。
ではまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ええもん観たわ

いやあ、アルゼンチン×セルビアモンテネグロ。
バッチリ観ましたわ。
おーもしろかったー!

ペイパービューじゃないのがモッタイナイくらい、
特等席(しかもタダ)で良いショウを観たような充実感でした。

特に前半、2点目が入るまでのパス回しには爆笑!
あまりにも素晴らしいモノを見せつけられると、
驚きを通り越して笑いが止まりませんでした。

地上波で観ていたので、
日テレの鈴木アナの実況に、さんまちゃん、北澤、中山ゴン。
根っからのサッカー好きが集まった、
副音声みたいな放送でした。

私は体育の授業でしかサッカーに触れてなかったので、
サッカーにドップリ浸かっている方の解説が頼もしかったです。

こういう機会があると、
いろーんな国のプレイスタイルが観られてお得ですね。
また狙いを定めて観よっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まつひとびと

では、時系列を追いながら、ポツポツと。

初日。
ヒースロー空港に降り立って、入国審査を受けて、
スーツケースを受け取って、いざシャバへ、と出口に向かったら、
待ち合わせにいろーんな人種のたーくさんの方が、
みんながこっちを見て相手を探してました。

そりゃ、待ち合わせだから、
至極当たり前な事だとはアタマでは分かっちゃあいるんですが、
みなさんに迎え入れられたような錯覚に陥りました。

よく報道で「数百人のファンが空港でお出迎え」
なんてのを見かけますが、
まさにその光景。圧倒されました。

握手やサインを求められなかったところで現実に戻りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨が嫌いじゃなくなった

旅行から帰ってきてもうすぐひと月になろうというのに、
まだココロの奥底でロンドンの熱がくすぶってます。
いまのうちに書けることを書いておきます。


ロンドンに行った方の話を参考にして、
去年のフジロック用に買った、ちょっと値の張る雨ガッパを持って行きました。

案の定、滞在初日から降ったり止んだりの繰り返しで、
いくら朝方は晴れていても、外出するときは必ずバッグに入れていました。

まあ、さすがにこれだけ通り雨にあうと慣れました。


日本に帰ってきたら東京は雨降りだったんですが、
100円の傘など見向きもせず、
雨ガッパ着て、結構な雨に降られながらスーツケース押してました。
晴れの日とさほど変わらないストライドで、ひょいひょいっと。

ロンドンのおかげでもう、雨の日なんてぜんぜん平気。
まあ、毎日を過ごしてりゃ、晴れの日もあれば雨の日もあるわさ、
ぐらいの勢いですわ。へへっ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

素晴らしくてオモロフェイスな瞬間

こんばんわ。サッカー日和ですね。

@niftyでサッカー日本代表を紹介するページがあったんですが、
オモロフェイスな瞬間が満開です。

造幣局の通り抜けか、上野の森か。
今が見ごろ食べごろ笑いごろです。

こちらがお花見コースの入り口です。
↓GK・DFの入り口(坪井が満開)
http://sports.nifty.com/saposta/special/player/index.htm
↓MF・FWの入り口(高原が満開)
http://sports.nifty.com/saposta/special/player/mffw.htm

そっと運命に出会い運命に笑ぁうぅうー♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浄化

梅田ブルク7で「RENT」!
また観てきました!これで3回目。

大阪は、毎月1日が映画サービスデーですから。許せ。

入れ替え10分前に映画館に着いたら、
もう前の方しか席が空いてなくて、
仕方なく前から2列目を選んだけど、
これが最高に気持ちよくて。

視界のかなり下の方に字幕が見えるから、
たとえ言葉が分からなくても、
セリフの流れのリズムに素直に乗れるし、
視界いっぱいに広がる風景に酔いしれて、
一気にニューヨークの当事者みたいになれて、堪能。

久々にお客さんの多い空間に身を沈めて、
キュッとひとつになった雰囲気が心地良かったです。


本編で、何度見てもグッと来るポイントがあるんですけど、
そのたんびにホロホロ来とるわけです。
でも、映画を見たあとエスカレーターに乗ってると、
周りのカップル男が
「俺は泣かなかった」
って自慢げに話すのが、ちょっとね。

いつからだろう、「泣かないのが美学」みたいな風潮がありますなあ。
あれ嫌いですね。
泣きたいときゃあ泣けばスッとするのにねえ。
まあ、とにもかくにも「RENT」。
大画面で是が非でも!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »