« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

夏休みの総括

しょかいばんはPVのはいったDVDつき。

なつやすみのあいだに
にかい「あすのしんわ」を
みにいきました。

そのたびに
あたまがやられました。

おりじなるらう゛のたじまさんがうたう
「あすのしんわ」も
そうだいないめーじで
ききごたえがありますよ。
もちろん、じゃけっとはあのがいこつです。
ぜひ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

初心忘るるる

高速で通り過ぎるウルトラマンセブン

けさ。
御堂筋線で本町へ向かう、江坂駅のホームで、
修学旅行っぽい学生の集団(1クラス分)
と一緒に電車を待ってました。

乗る前からイヤな予感はしてたけど、
こちらの予想を裏切らず、
「えー、コレに乗るの?」
(ドア閉まる)
「ギャー狭い!」
(電車動き出す)
「ワー押しつぶされるー!」
と事ある毎に騒いでました。

例のごとく、御堂筋線の暗黙のルールを知らず、
新大阪駅と梅田駅では、乗り降りが激しいため
ドア付近の乗客はいったんホームに出ないといけないのに、
学生どもが居残るおかげで車内大混雑。

学生よ、
お前らのせいで、いつもより混んどるんじゃ。

なぜラッシュアワーに合わせて電車移動を選んだのか、
不思議で仕方ありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予感的中

うさんくさ。

あぁ、うさんくさ。

以前紹介したなんばマルイの写真ですが、
この花の使い方と色合いは、
やっぱり蜷川実花じゃないみたいですね。
弱い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飲んで回ってクロム

幸せの黄色いハンカチ記念館

もうアレだ、
私は東京公演を観に行ったから余裕だけど。

そのなんて言うか、
これも一期一会だ。

暇があったら梅田に出て、
玄関のクジラ冷やかして
スタバで一服して
観覧車グルッとして
クロム観に行きなさい。
何か面白いことやってると思うよ。
(くわしくはこちらを参照。)

きょうから29日まで。(24日はお休み)
私は日曜あたりに観に行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤ちゃんの泣き声は共通

ロンドンに行ったとき、
ヒースロー空港で入国手続きの順番待ちで
いろんな国の赤ちゃんに会いました。
みんなとっても可愛かったのですが、
どの国の赤ちゃんも泣き声が一緒で驚きました。

どんな境遇で、どんな環境で育っても、
元をたどればみんな一緒なのか、と気付いて、
ちょっとホロリと来た瞬間でした。
このことを忘れなければ、
人への接し方がちょっと変わりますよね。


そんなこんなで。
泣き声は一緒でも、姿かたちはさまざまで。

ときどき拝見している、秋山東一氏のブログ「aki's STOCKTAKING」
「ALL LOOK SAME?」なるホームページを紹介されていました。
顔写真を見て、日本人・韓国人・中国人を見分ける、というもの。
街中で見かけるときは区別がついても、写真だと、これがかなりの曲者で。
私は平均点の7点でした。ダメダメですね。
顔写真のほかにも食べ物や建物のカテゴリーもありました。
マスコットの右側にある「ENTER THE EXAM ROOM」から始められます。
なかなか楽しめましたよ。ぜひ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜の…

竜巻の真ん中でオムライスが舞う


日記の走り書きより。


「なんでも『夜の』を頭に付けるとイヤらしくなる」


この法則を見つけたとき、
夜の闇がちょっと身近に感じました。

「夜のヒットスタジオ」も
独特のムードがありましたよね。


なんでも『夜の』を付けて遊んでみましょう。


夜の時差出勤。


夜の外野席。


夜のトマトジュース。


なんだか、想像力を掻き立てられますよね。


夜のお菓子はうなぎプァイ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐藤雅彦まつり

これだけにとどまらず、ピタゴラスイッチのDVDも出るそうな。フムフム

さきほど梅田の紀伊國屋で、
佐藤雅彦氏の
「Fが通過します」と
「勝手に広告」を
購入して、
江坂のスタバで読んでおりました。

次から次へと魅せてくれるステキな世界観に、
脳がシビれました。
こりゃたまらん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »