« 仙台あれこれ | Main | 仙台あれこれ(その3) »

仙台あれこれ(その2)

8月18日20時、バス出発。
酔い止めの代わりに買った梅タブレットを舐めながら、
横のおっちゃんに「睡眠不足で眠いので寝ていいですか」と睡眠宣言。
「ええよええよ、いちいち俺に言わんでもええがな」とおっちゃん。
ええ人や、と安心していったん眠る。

京都駅前で乗り込む人を待つ間、点呼を取る乗務員。
急に、私の目の前で後部座席に向かって
「ヤマモトさまはいらっしゃいますかー!」と大声で呼ぶので
何事かと思ったら、私が一列前に間違って座っていたことが分かる。
(そんなん、大声で名前を呼ばなくても)と本来の席へそそくさと移動。

土建屋風の真っ黒いおっちゃんの後ろに座っていたのは、
対照的な、日に焼けてない兄ちゃん。
愛想よく会釈してくれて、座席に恵まれたとしみじみ思った。

バスは日本海沿いに北上。
なんせ長距離のバス移動。足がむくまないように、
サービスエリアに寄ったら必ず外に出るようにしていました。

以下、Twitterでつぶやいた時刻。
21時48分 大津サービスエリア
01時37分 有磯海サービスエリア
05時25分 磐梯山サービスエリア
都合三回停車していますね。


8月19日
6時、郡山着。ここでお隣さんが降車。
空いた窓側の席へ移動して、カーテンの隙間から郡山の景色を眺めた。

6時50分、福島駅到着。仙台まで、あと2時間。

7時20分、国見サービスエリア到着。これが最後のサービスエリア。

バスの窓から外を眺めていた。
テレビでよく見る、ガレキになった街並みを想像していたけど、
バスが通る場所は、震災の爪痕が見られない、いたって普通の風景。

連日の震災報道で、福島県周辺はなにかと
原発問題も含めて話題になっているけれど、
自分が今回仙台へ行くのは、復興支援のボランティアではなく、
あくまで舞台公演を観て、インターバルDJをするだけ。
ここで、外の景色を眺めるのをやめた。

Daily Fringe Guide OsakaのTwitter配信が問題なく終わったので、
「INDEPENDENT」仙台公演の情報を編集。
揺れるバスの中でiPhoneの画面を操作するのは難しい!
ミスタイプを繰り返しながら、なんとか原稿を作り上げ、送信。

8時40分、仙台駅東口・代々木ゼミナール前に到着。
気が付けば、真っ黒いおっちゃんは、さっさと降車していた。
あいさつしておきたかったなあ。

(つづく)

|

« 仙台あれこれ | Main | 仙台あれこれ(その3) »

おとなの遠足」カテゴリの記事