« July 2011 | Main | November 2011 »

August 2011

仙台あれこれ(その4)

8月18日11時。
仙台市市民活動サポートセンターを出て、宮城県美術館を目指す。

Twitterのフォロワーさんは、仙台駅から美術館まで
1時間くらいかかると言っていたけど、
ロンドン散歩旅行(もう5年前か…)で徒歩に味をしめていたので、
そのままテクテクと歩いてみた。

途中、広瀬川を渡る橋の上から見下ろすと、
空き地のはしっこに学ランの集団を発見。
どこをどう見ても応援団そのもの。真っ白の手袋がまぶしい。
006
必死で練習する姿が微笑ましかった。


思ったより早く、サポセンから20分くらいで美術館に到着。
岡本太郎、じゃなくて、ヘンリー・ムーアの作品がお出迎え。
このタッチの作品を見るとTAROのサインを探してしまう。いやはや。
007

今日の自分に与えられた時間は1時間。
見られるだけ見ようと決めて、ロッカーに荷物を預けて、いざ中へ。


今回は、「絵本原画名品展」だけを見るつもりだったけど、
まずオードブルとして、宮城の画家3名の作品を集めた小企画展へ。

この小企画展が良かった。
油絵独特の、パン的な何かを焼いたような香りを胸いっぱいに吸い込む。
三者三様の世界観。コピー用紙の目録にメモを残した。


大沼かねよ。
陰影の付け方がポップな「シューズ・クリーニング・ショップ」。
おだやかな太陽を感じる「野良」。


二宮不二麿。
鼻のミゾがしっかり描かれた「自画像」。
透き通った水と空気を感じた「風景」。


加藤正衛。
黄味がかったペールトーンが可愛い「休息」。

全部で12枚の作品に触れて、この時点でかなり満足。

さすがに常設展を見る時間はないので、
2階の特別展へ移動。


さて、「絵本原画名品展」。これが大当たり!

子どもが見たら目を輝かせて喜ぶだろうな、と思うような、
イラストが次から次へと。これでもか、これでもかと続く。
もうね、線に迷いのないイラストを見ただけで、お腹いっぱい。

原画の何が良いって、文字が入っていないから、
お客さんが勝手に物語を考えられる。
ある程度は、絵を見ただけで筋書きが分かる。
絵本に文字は要らないのではないか、とさえ思ってしまった。
文字ありと文字なしの2バージョンを売ってほしいな。


以下、目録に書き殴ったメモを参考に雑感を残す。
なにせ時間が無いので、いっしょうけんめい走り書きした。
全21作品のうち、いくつかをここに残す。


佐藤忠良「おおきなかぶ」。
見開きのワイド画面を目いっぱい使った大胆な構図で、
でっぷりとしたかぶと、必死で引き抜こうとする
おじいさんの腰の入り方がダイナミック!
かぶが抜けず、応援を頼んでいる間、
かぶにもたれて不貞腐れて待機する人の姿が可笑しい!


山本忠敬「しょうぼうじどうしゃじぷた」。
子どもが見たらクルマ好きになること間違いなし。
はたらくクルマの緻密なイラスト。
壁面は塗る。地面は塗らない。引き締まった構図にシビれた。


佐藤忠良「ねむりのもりのひめ」。
遠景で、馬に乗りながらサーベルを振り上げる王子。
少し離れたところで、パタパタと倒れる人の影。
シュ、シュール…


なかのひろたか「ちょうちんあんこう」。
あんこうの口元の線の細さ、角丸の綺麗さ。コピー&ペーストしたような魚群。
計算された構図。いかにもデザイナーが作った絵本という雰囲気。


小野かおる「クリスマスがせめてくる」。
動物がピョーンと伸びている姿は可愛い。
ウナギイヌに通じる可愛さ。


林明子「はじめてのおつかい」。
色鉛筆の繊細なタッチにため息。
ホットケーキに使う牛乳のおつかいを頼まれる女の子。
元気に家を飛び出した女の子の姿を、ちょっと心配そうに見守るお母さん。
こけちゃう女の子。落っこちた小銭。
薄暗い食料品店。両手よりも大きい牛乳パック。
ラストカットは、玄関先まで出てきていたお母さんを見つけて、
安堵の表情を見せているであろう、女の子の後ろ姿で終わる。
ちょっと涙ぐんでしまった。


太田大八「だいちゃんとうみ」。
海の青。真っ暗な中を走るこどもたち!


山脇百合子「ぐりとぐらのおおそうじ」。
最低限のイラスト、余白を活かした構図。
子どものころに穴があくほど見ていた、ぐりとぐら!
原画はとてもシンプルで軽く描かれていた。


さまざまな感情がぐるぐるして、目いっぱい楽しんだあと、
併設している佐藤忠良記念館へ。

(つづく)

|

仙台あれこれ(その3)

8月18日 8時40分。
仙台駅前に着いて、まずは無目的に散歩すっか、と歩きだす。

バスに乗る前に痛めた左足首が治っていた。

乗車中にアキレス腱を伸ばしたり縮めたりひねったり、
ずっとストレッチしていた効果が出た。
もちろん乗車前の整骨院も効いたのだろう。ホッとした。

近所のミニストップでソフトクリームを食べながら、
Twitterのフォロワーさんに仙台の見どころを聞く。
ほお、火星の庭、ほお、美術館で原画展、ほおほお。
じゃ、さっそく行ってみよう、と出発。
JRの線路を渡る為に歩道橋を上る。

JR仙台駅東口は、見渡す限り歩道橋だらけ。
高い所から眺めたら、あみだくじみたいに見えるだろうな。
003

いちばん広そうなクリスロード商店街を西へ。

仙台に降り立ってから、大阪と同じように
「がんばろう日本」
「がんばろう東北」
「がんばろう仙台」
という無表情なのぼりをよく目にしたが、
この商店街の横断幕には
「私たちは負けない!」
とあった。
004

そうそう!こういったメッセージが地域に根付いている。
「私たちは負けない!」いいじゃないか。こっち側の意見だよね。
とても共感できた。横断幕を見ながら西へ、西へ。

フォロワーさんが勧めていた「火星の庭」は11時開店、
宮城県美術館は9時半開館なので、
「INDEPENDENT」仙台会場を通って美術館まで歩こうと思った所、
背後で私を呼ぶ声が。振り返ると、見慣れた顔。
おお、音響のすがわんさんと舞台監督のかっこさん。
軽くハイタッチをして、その流れで会場へ入った。

会場となる仙台市市民活動サポートセンターは、
受付の前に耳寄りな情報を載せたチラシがいくつも並んでいた。
気持ち、照明が少し薄暗いのは、もともとなんだろうな。
地下一階の市民活動シアターへ移動。

本当にたまたま会場前でスタッフさんと会ったけど、
ちょうど集合時間だったようで、プロデューサーのアイウチさん、
照明のミゾさん、制作のかちゃさん、そして仙台のモリさんに会う。
皆さん、大阪にいるときと変わらない様子で、すっかり和んだ。

CDJとiPhoneのチェックを終え、
13時過ぎに戻りまーすと言い残して、いったん会場を出る。
美術館へ。

(つづく)

|

仙台あれこれ(その2)

8月18日20時、バス出発。
酔い止めの代わりに買った梅タブレットを舐めながら、
横のおっちゃんに「睡眠不足で眠いので寝ていいですか」と睡眠宣言。
「ええよええよ、いちいち俺に言わんでもええがな」とおっちゃん。
ええ人や、と安心していったん眠る。

京都駅前で乗り込む人を待つ間、点呼を取る乗務員。
急に、私の目の前で後部座席に向かって
「ヤマモトさまはいらっしゃいますかー!」と大声で呼ぶので
何事かと思ったら、私が一列前に間違って座っていたことが分かる。
(そんなん、大声で名前を呼ばなくても)と本来の席へそそくさと移動。

土建屋風の真っ黒いおっちゃんの後ろに座っていたのは、
対照的な、日に焼けてない兄ちゃん。
愛想よく会釈してくれて、座席に恵まれたとしみじみ思った。

バスは日本海沿いに北上。
なんせ長距離のバス移動。足がむくまないように、
サービスエリアに寄ったら必ず外に出るようにしていました。

以下、Twitterでつぶやいた時刻。
21時48分 大津サービスエリア
01時37分 有磯海サービスエリア
05時25分 磐梯山サービスエリア
都合三回停車していますね。


8月19日
6時、郡山着。ここでお隣さんが降車。
空いた窓側の席へ移動して、カーテンの隙間から郡山の景色を眺めた。

6時50分、福島駅到着。仙台まで、あと2時間。

7時20分、国見サービスエリア到着。これが最後のサービスエリア。

バスの窓から外を眺めていた。
テレビでよく見る、ガレキになった街並みを想像していたけど、
バスが通る場所は、震災の爪痕が見られない、いたって普通の風景。

連日の震災報道で、福島県周辺はなにかと
原発問題も含めて話題になっているけれど、
自分が今回仙台へ行くのは、復興支援のボランティアではなく、
あくまで舞台公演を観て、インターバルDJをするだけ。
ここで、外の景色を眺めるのをやめた。

Daily Fringe Guide OsakaのTwitter配信が問題なく終わったので、
「INDEPENDENT」仙台公演の情報を編集。
揺れるバスの中でiPhoneの画面を操作するのは難しい!
ミスタイプを繰り返しながら、なんとか原稿を作り上げ、送信。

8時40分、仙台駅東口・代々木ゼミナール前に到着。
気が付けば、真っ黒いおっちゃんは、さっさと降車していた。
あいさつしておきたかったなあ。

(つづく)

|

仙台あれこれ

8月18日の夜から8月20日の朝にかけて、
仙台駅前をうろちょろしてきました。
おぼえがきとして、ここに残します。


8月15日
急遽、「INDEPENDENT」の仙台公演を観に行けることが決まり、
往復の夜行バスをへーこら言いながら探す。

大阪から仙台へ行く便はいくらでもあったのに、
なぜか仙台から大阪へ戻る便はどのバス会社も満席。
やっとの思いで、残り2席の所を予約。なんとか滑り込みセーフ。


8月17日
仕事が終わり、整骨院で左足のグネり癖を診てもらう。
モモから足先まで、運動不足の影響でガッチガチのゴリゴリ。
このままでは仙台の町を歩けないので、出発当日にも診てもらうことに。

帰宅後、Daily Fringe Guide Osakaの原稿を土曜日の分まで仕上げて、
インターバルDJの選曲開始。

今回は旅公演の機材の関係で、片方はCDJ、
もう片方はiPhoneから音を出す変則DJスタイル。
なので、掛けたい曲はすべてiPhoneに仕込む必要があり、
ポンと気持ちよく音が出せるように、曲の頭出しを調整。
今回はiPhoneのDJアプリの助けを借りずにiPodアプリを使いました。

ああでもない、こうでもないと試行錯誤しつつ、
選曲が終わると夜明け。おお、夜なべ。


8月18日
40分ほど仮眠を取った後、
フラフラになりながら仕事をこなす。

仕事を定時チョイ過ぎにバタバタと終わらせ、
足を引きずりながら整骨院へ。
予定より30分近く早めて頂いて診療。
とりあえず歩ける段階まで揉んでもらった。

まあ、揉む所、揉む所、痛いのなんのって。
人間、痛いと笑うもんですね。
それとも、私の痛点がおかしいのか?
たぶん、そう。

診療が終わった足で、最寄り駅までダッシュ(しているつもり)。
いったん自宅に戻り、急いでウェブサイト更新、追加で2曲iPhoneに同期。
ここで再生用に使うつもりのiPhone 3GSが同期失敗。
「復元しますか?」ってノンキなメッセージに呆然。
復元するかいな、待ってられへんわい!

仕方なく3GSをあきらめ、
電話として使っているiPhone 4に一部修正して本番用に差し替え。
同期している間にシャワー、身支度。

予定通りに中津駅到着。ここで左足首に捻挫のような痛みが。
このまま仙台の町を引きずり歩くのはイヤだな、
と散歩をあきらめつつ、
コンビニでパンとお茶と、酔い止めの代わりに梅タブレットを購入。
002_2

表情一つ変えないバス乗り場の女性係員に名前を告げ、
4列シートのバスへ。

乗り込んですぐ、真っ黒い顔した、いかにも土建屋やってます、
という風貌のおっちゃんが隣に座る。
仙台で待っている仕事仲間がいるらしく、
「バスが満員になったと嘘をついて何日か遅らせたかったんやけど…」
と笑いながら話してくる。ええ人。

「兄ちゃんが隣で良かったわ。ブランケット取るわな、ブランケット。
そんでな、このブランケットを肘掛けに被せんねん。
そうしたら、肘が痛くないやろ。行きのバスで勉強したんや。」

「今通路通ったコ、可愛いな」(聞こえてますよ)「俺声でかいからな」

「受付のコは愛想良くなかったな。俺はぽっちゃりが好きやねん。」

「バスに乗る前にビール3杯と焼酎2杯飲んで来てん。一番心配なのは、トイレやな」

(仙台駅の周りで美味しいところ知ってます?)
「ない!値段が高い!仙台で働いたとき、3食のうち2食を外食していたら
ひと月で20万円かかったわ」(たぶん飲みすぎ…)

「食べるんなら吉野家にしとき」

…胡散臭いくらい、ええ人。

(つづく)

|

8/19のセットリスト

「INDEPENDENT」仙台公演にて、
急遽インターバルDJとして参加して来ました。
当日のセットリストを公開します。

2011.8.19 16:20-17:00
●クレイジーケンバンド / ガールフレンド

●カーネーション / 市民プール

●スチャダラパー / サマージャム'95

●GEISHA GIRLS / ノメソタケ -Minha Geisha

●サーカス / ミスター・サマータイム

●世良公則&ツイスト / 燃えろいい女

●ホーネッツ / 西部警察メインテーマ

●yumbo / これが現実だ

●水森亜土 / I Wanna Be Loved By You

●前川陽子、ヤング・フレッシュ / リボンのマーチ

●美空ひばり / むらさきの夜明け

●complex / BE MY BABY

●岡村靖幸 / Shining (君がスキだよ)


ここでは、夏の折り返し地点に相応しい
定番ソングを中心に組んでみました。

加藤さんの放つ、むきだしの愛のカタチを大事に受け継いで、
少しずつ姿や角度を変え、
大塚さん演じる、恋多すぎる男へバトンタッチ。

yumboは地元仙台で活動するグループ。
本番前に、yumboの澁谷さんが営む
「喫茶ホルン」でカレーを食べた後、
店内販売していたCDを購入して、すぐに使いました。

ご当地のミュージシャンの曲を使うと、
旅公演ならではの雰囲気が盛り上がって良いですね。

|

7月31日のDJセットリスト(その2)

「INDEPENDENT」大阪公演の千秋楽、
7月31日のインターバルDJ、その2。
17時ごろから18時までの
セットリストを公開します。

17:00-18:00
●Pecombo / Ganjour-Bleu

●スウィフト・ファイヴ・プラス・オール・スターズ / 黄金の七人

●山下毅雄 / 時間ですよ テーマ

●伊藤きよ子&ザ・ハプニングス・フォー / オー・ガンソ

●沢田駿吾クインテット+浜口庫之助・伊集加代子 / ドライヴィング・ラヴ(コマーシャル・ヴァージョン)

●ジェームズ・ボンドのテーマ

●大江戸捜査網・テーマ

●ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 / ドラゴンクエスト・マーチ

●原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、山本邦山 / 茶切節

●東京キューバンボーイズ / 相馬盆踊り唄

●スマイリー小原とスカイライナーズ / イン・ザ・ムード

●ロス・トレス・スダメリカノス / YEH! YEH!

●アル・ハート / GREEN HORNET

●the Pappys / One Mint

●猪俣猛クインテット+5ブラス / ピーター・ガン

●ソール・メッセンジャーズ / TIGHTEN UP

●ダーク・ダックス / ボッサ・ノバ No.8

●SPLENDID! / Samba suave

●前田憲男とプレイボーイズ、三遊亭円楽 / 第一章 女~サニー

●山下毅雄 / 「プレイガール」エンディング・テーマ

●プレイガール the readymade darlin' of discotheque track

●白木秀雄クインテット / 私は満足


このパートでは、
ほとんどスキャットやインストの曲だけで構成してみました。
このジャンルはもうちょっと突き詰めてみたいですね。

俊朗さんの何ともエレガントな終わり方から
アコーディオン成分を受け継いで、
そのままスキャットの海へドボン!

大塚さんのいる離れ小島を目指して、
たらい舟に乗ったり、ジェットスキーに挑戦したり。
ずぶ濡れのまま、手招きする円楽師匠に導かれて、
プレイガールの世界へ。
そんな何でもありの1時間でした。

|

7月31日のDJセットリスト(その1)

最強の一人芝居フェスティバル
「INDEPENDENT」大阪公演の千秋楽、
7月31日もインターバルDJで参加しました。
まずは12時半開場から13時までの
セットリストを公開します。

12:30-13:00
●伊集加代 / めざめ

●ピチカート・ファイヴ / 君が代

●ヤン富田 / RADIO MUSIC

●Scoobie Do / RIDE ON TIME

●サンボマスター / 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ

●Sheena & The Rokkets / You Really Got Me

●少年ナイフ / Top Of The World

●NUMBER GIRL / NUM-AMIDABUTZ

●ゆらゆら帝国 / ズックにロック

●thee michelle gun elephant / candy house

●Buffalo Daughter / Cyclic


このパートは、一発目のタニヤさんに向けて、
軽くウォーミングアップしてもらうつもりで、
かき鳴らすギターが響くゴリゴリのナンバーを揃えてみました。

後半はのちほど。

|

« July 2011 | Main | November 2011 »