旅行・地域

鶴丸っていうんだね。

鶴丸っていうんだね。
ひと昔前まで使われていた
日本航空の鶴のマークが、
5月末で役目を終えるそうな。
くわしくはこちらをご覧あれ。
これ、「鶴丸」って言うんですね。知らなんだ。

このマーク、実に雅やかで美しくて、
上品な和の雰囲気を醸し出していましたが、
時代が時代なんでしょうね。

なんとなく、近いうちに、
「うそ。やっぱ使いますキャンペーン」
とか言って
リバイバルしそうな気もするけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男の荷物は軽く

さ、て。ロンドン噺。

ヒースロー空港に降り立ったはいいものの、
旅客ターミナル拡張工事のため、近くに地下鉄の駅がなく、
最寄りの駅まで20分くらい、地下道をひたすら移動してました。
スーツケースがだんだん重く感じだしたのは、この頃。

その後、ピカデリー線で最寄り駅まで移動して、
予約してあったホテルまでゴロゴロゴロゴロ…。

慣れない街並みのため、迷うことに。

石畳に車輪を取られてスーツケースが上手く動かず、
この時点で、次回来るときはスーツケースは止めようという思いが確定しました。

街並みが綺麗なのが何よりの救い。

石畳にはスウィッチバッグ移動で。
今回は何だか、未来の自分に残したメモみたいになりましたね。
ではまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まつひとびと

では、時系列を追いながら、ポツポツと。

初日。
ヒースロー空港に降り立って、入国審査を受けて、
スーツケースを受け取って、いざシャバへ、と出口に向かったら、
待ち合わせにいろーんな人種のたーくさんの方が、
みんながこっちを見て相手を探してました。

そりゃ、待ち合わせだから、
至極当たり前な事だとはアタマでは分かっちゃあいるんですが、
みなさんに迎え入れられたような錯覚に陥りました。

よく報道で「数百人のファンが空港でお出迎え」
なんてのを見かけますが、
まさにその光景。圧倒されました。

握手やサインを求められなかったところで現実に戻りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨が嫌いじゃなくなった

旅行から帰ってきてもうすぐひと月になろうというのに、
まだココロの奥底でロンドンの熱がくすぶってます。
いまのうちに書けることを書いておきます。


ロンドンに行った方の話を参考にして、
去年のフジロック用に買った、ちょっと値の張る雨ガッパを持って行きました。

案の定、滞在初日から降ったり止んだりの繰り返しで、
いくら朝方は晴れていても、外出するときは必ずバッグに入れていました。

まあ、さすがにこれだけ通り雨にあうと慣れました。


日本に帰ってきたら東京は雨降りだったんですが、
100円の傘など見向きもせず、
雨ガッパ着て、結構な雨に降られながらスーツケース押してました。
晴れの日とさほど変わらないストライドで、ひょいひょいっと。

ロンドンのおかげでもう、雨の日なんてぜんぜん平気。
まあ、毎日を過ごしてりゃ、晴れの日もあれば雨の日もあるわさ、
ぐらいの勢いですわ。へへっ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

デザインで活きる街

ただいま。
先週、1週間ロンドンまで散歩しに行ってきました。

見どころ満載で、曇り空もそれなりに良い雰囲気で、
散歩するにはもってこいの場所でした。
車が左側通行なので、親近感を覚えるところもあったんでしょうね。
現地のヒットは、思い出したらポツポツ出していきます。


ロンドンで地下鉄やバスに乗る機会が結構あったんですが、
あの真ん中に「UNDERGROUND」って文字が書いてある、丸に横棒のマーク。
バス停のサインも同じマークでした。(こっちはUNDERGROUNDの文字無し)
乗り物は違えど、「ここは駅ですよ」という意味なんですね。
アレは便利です。日本も是非そうしましょう。

実は、散歩しすぎて一度道に迷ってしまったことがあったんですが、
視認性の高い駅のマークが遠くのほうに見えて安心したのを覚えています。


地下鉄に乗っていると、いろーんな風景の駅舎にお目に掛かれるんですが、
ロンドンの地下鉄を構成している文字のフォントがカワイイなあと思っていたら、
日本人の河野英一氏がデザインしたとあってビックリ!!
(秋山東一氏のブログに詳細が載っています。詳しくはコチラ。)

梅田の地下街など、特に劣悪ですが、
案内表示を整えるだけで、こんなに街が美しく見えるのかと感動でしたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

永ちゃん、空中で語る

成田空港におります。
預けた荷物が届くのを待っております。

はじめてANAを使いましたが、
なんか垢抜けてて良い印象でした。

今月の機内プログラム矢沢永吉特集があり、
往年の曲を聞きながら、ゆったりとトークが展開されております。
空の上で聞くのにちょうど良い雰囲気です。ぜひ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新空港一長一短

いつもチェックしている「ラスベガス大全」で、
成田→ラスベガス便が今年秋で撤退というトピックを見て
残念がっているワタクシです。しくしくです。

空の旅の玄関口といえば空港ですが、
去年開港したセントレアに続き、
今年2月に神戸空港、3月に北九州空港がオープンしますね。

それぞれの専用サイトを見て回りました。

…えー、3段オチとして見るなら、

まずセントレア

次に北九州空港

オチに神戸空港の順に見ればよろしいかと思います。

…神戸空港だけ、なんだか「官」のニオイがするんですよねえ。
こういうデザインひとつで簡単にブランドイメージが決まりますね。
もっとがんばろうよ、KOBE。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VJの映像みたい

いま難波駅に着いて驚いた。

地下鉄千日前線の電光掲示板が、
薄型テレビ型になってて
スゴくかっこいいです!

かといってカラーを多用することなく、
モノクロと黄熱球色がメインで、
引き算のデザインを守ってて頼もしいです。

誰だろう、デザインした人?
会って握手したいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観光地を救うのは観光なのだ

しばらく更新が滞っている間に
ラスベガスとロサンジェルスに行ってきました。
向こうは直前と直後の雨を避けて、
日本で見ていた予報を裏切るポカポカ陽気でした。
現地のヒットは、また追々。

ウチに帰ってから溜まりに溜まったメールを整理していたら、
地球の歩き方の「インド洋&アジアン・リゾート最新情報」を見つけました。
被害の情報は色濃く記憶に残ってますが、
それでも、どうしてもメディアには時間と掲載量に限界があるので、
こういったところで、ナマの情報を手に入れましょ。

テーブルのセッティングも済んで、さあお店を開けよう、としているのに、
なんか周りからやたらと心配ばかりされても、ねえ。
メシも不味くなるってもんです。
観光地を救うのはカネやモノではなく、訪れる人の笑顔だと強く思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)